購入導線上での離脱を防ぐWeb接客ツール
エフトラ CTA

仕様・機能

表示のタイミングと位置を組み合わせ、
サイトごとに最も効果的なアピールを実施できます。


多様なユーザー一人一人に、
最適なオファーを提示。

様々なターゲティング条件の組み合わせからオファーの対象ユーザーを判別、限定することで、個別に適切なCTAを実現することができます。

  • ユーザー条件
    デバイス種別/訪問回数

  • 参照元条件
    流入元URL/流入元種別/流入時パラメータ/検索ワード

  • ページ条件
    閲覧URL/閲覧済ページビュー数

  • 配信スケジュール
    配信期間、配信時間帯、配信曜日

3つのトリガーでバナーを表示

エフトラ CTAは、Webサイト上のユーザーの動きに合わせてダイナミックにオファーを表示します。オファーの持つ性質に合わせて、表示のトリガーとなる条件を3種類から選ぶことができます。

  • ページから離脱しようとしたとき

  • ページを一定割合までスクロールしたとき

  • ページロードから一定時間経過したとき(ロード直後も指定可)

※同一セッション/同一UUに対する再表示上限回数の指定が可能です。(例:同じセッション内では二度と表示しない)

表示位置を選べるバナー、メールアドレス入力やソーシャルボタンにも対応。

ユーザーの操作を止めて、バナーを強く印象に残したいときは「モーダルポップアップ」を、ユーザーの動きを妨げずにアピールしたいときは「フッターポップアップ」を選ぶことができます。どちらもPC、スマートフォンに対応し、表示時の視覚エフェクトも設定することができます。バナーだけでなく、Facebookのいいね!ボタンを表示してソーシャル共有を促したり、メールアドレスの入力フォームを設置してメールマガジン登録を促すこともできます。

  • モーダルポップアップ

  • フッターポップアップ

  • ソーシャルボタン

  • メールアドレス入力

※バナーのクリック時はWebサイトへのリンクの他、予め指定したJavaScriptを実行することができます。
※メールアドレス入力によって送信されたメールアドレスは、CTA管理画面からリストを取得できます。

表示する瞬間に視覚エフェクトを追加することができます。エフェクトにより、ユーザーが注目し興味を持つようにオファーを演出することができます。

  • フェードイン
  • ムーブイン
  • ズームイン
  • フォールイン
  • スピンイン
  • スイング

※エフェクトはモーダルポップアップのみ設定可能です。

管理画面による簡単なバナー配置、変更

Webブラウザ上からビジュアルに優れたGUIによる管理画面を利用することができます。バナー表示ロジックや配置、またバナー画像の差し替えを即座に行うことができます。


ABテストとレポートによる
高速PDCAサイクル環境

優れた結果を出すWebサイトを育てるには、高速なPDCAの実践が欠かせません。エフトラ CTAはABテストに対応しており、ユーザーごとに異なったオファーをランダムに表示できます。これによって、バナーのデザインによる成績の違いやオファーを表示しなかった場合と表示した場合の成績の違いを見ることができます。比較対象の設定や各条件ごとの成績は、すべて管理画面から確認することができます。

エフトラ CTAに関するお申し込み・お問い合わせ

TOP