購入導線上での離脱を防ぐWeb接客ツール
エフトラ CTA

今すぐはじめる

エフトラ CTA

いま見ているページに満足できず、ブラウザを閉じようとした
ユーザーにより魅力的な商品やキャンペーンを提示します。

あなたのWebサイトを訪れたユーザーの多くは、あなたが持っている本当に魅力的な商品やキャンペーンを知ることなく離脱してしまいます。エフトラ CTA(f-tra CTA)は、最初の1〜2ページを見て離脱してしまいそうになったユーザーに対してダイナミックにアピールすることで、離脱を防止しつつサイトのコンバージョンを増やすことができます。


ご利用シーンを見る

特長

セールの告知やソーシャルシェアの喚起など、
ポップアップによって多種多様な目標ページへの流入を促します。

魅力的な商品やキャンペーンやイベントを企画した際には、ぜひCTAのバナーでアピールしてください。モーダルや画面下の目立つ位置で、自由にサイズを指定したバナーを表示できるため、従来のバナーより多くの情報やインパクトを与えることができます。バナー画像によるアピールだけでなく、Facebookのいいね!やメルマガ登録を促すなどして関係構築を促すこともできます。

CTAとは?

CTAは、Call To Action(行動喚起)の略。

CTAは、Call To Action(行動喚起)の名称が示す通り、Webサイト上でユーザーが特定のアクションを行うように促す新しいソリューションです。サイト運営者にとって利益につながる(コンバージョンする)可能性のあるユーザーから、商品の購入やイベントへの参加などのアクションを積極的に集めることができます。

あなたのWebサイトに、買わずに帰ってしまうユーザーはいませんか?

購買の可能性があるユーザーがあなたのサイトを訪問しても、必ず行動を起こすとは限りません。たまたま最初に見たページが希望に合っていなかったユーザーや、商品ページでないコンテンツを目的に訪問したユーザーはほとんどがサイトを離脱してしまいます。CTAは彼らに呼びかけることで、CVR(コンバージョン率)を高めることができます。

エフトラ CTAのアプローチ

適切なタイミングでユーザーにオファーを提示し、行動を促すソリューション

購入導線上から惜しくも離脱してしまう意欲的なユーザーのために、エフトラ CTAはピンポイントのタイミングで様々なオファーを提示します。ユーザーが離脱してしまう瞬間や、購入を迷っている瞬間をユーザーのブラウザ操作から検知してバナーなどのオファーを表示します。

  • 3つの表示トリガー

    ページ離脱時、スクロール時、そしてページロード後一定時間経過時にオファーを表示することができます。

  • 表示位置を選べるバナー、メールアドレス入力やソーシャルボタンにも対応。

    画面中央または下端にポップアップオファーを表示。バナーの他にFacebookのいいね!ボタンや、メルマガ登録に使えるメールアドレス入力にも対応。

  • 管理画面による簡単なバナー配置、変更

    サイト運営者はブラウザ上の専用ページからCTAを管理することができます。この管理画面では、表示ロジックやバナー画像の差替えなどが可能です。

  • ABテストとレポートによる高速PDCAサイクル環境

    バナーのクリック数など、運用中のCTAの実績を管理画面上で見ることができます。レポートをもとに設定を即変更することで高速PDCAを実践できます。


仕様・機能を見る

エフトラ CTAに関するお申し込み・お問い合わせ

エフトラ CTAは、株式会社エフ・コードが提供するサービスです。

会社名株式会社エフ・コード
本社所在地〒102-0076
東京都千代田区五番町6-2
ホーマットホライゾンビル 5F
事業内容コンサルティング事業
マーケテック事業
インターネットメディア事業
企業サイトhttp://f-code.co.jp
f-code

TOP